スマートフォンアプリ開発・CGデザイン・サウンド制作の株式会社バサラ

18歳未満の利用者に対するガイドライン

第一章 総則

第1条 (ガイドラインの目的)

本ガイドラインの目的は、インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律に則り、国内における児童によるインターネット異性紹介事業者及び会員個人に対して、インターネット異性紹介事業の利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童を保護し、もって児童の健全な育成に資することを目的とする。また、その事業理念や事業規模あるいはその事業形態にかかわらず、電子ネットワークという新しいメディアの健全な振興、発展をともに目指すことにある。従って、本ガイドラインを自己の利益のみを優先することなく電子ネットワーク利用者個人の人権を配慮しながら、電子ネットワークに係る事業を行い際の指針として活用する。

第2条 (定義)

本ガイドラインにおいて、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

  • (1)児童とは、18歳に満たない者をいう。
  • (2)インターネット異性紹介事業とは、異性交際(面識のない異性との交際をいう。以下同じ。)を希望する者(以下「異性交際希望者」という。)の求めに応じ、その異性交際に関する情報をインターネットを利用して公衆が閲覧することができる状態に置いてこれに伝達し、かつ、当該情報の伝達を受けた異性交際希望者が電子メールその他の電気通信(電気通信事業法(昭和五十九年法律第八十六号)第二条第一号に規定する電気通信をいう。以下同じ。)を利用して当該情報に係る異性交際希望者と相互に連絡することができるようにする役務を提供する事業をいう。

第3条 (インターネット異性紹介事業者等の責務)

インターネット異性紹介事業者及びその行うインターネット異性紹介事業に必要な役務を提供する事業(両者合わせて株式会社バサラ。以下同じ。)は、児童の健全な育成に配慮するとともに、児童によるインターネット異性紹介事業の利用の防止に資するよう努めなければならない。

第4条 (保護者の責務)

児童の保護者(親権を行う者又は後見人をいう。)は、児童によるインターネット異性紹介事業の利用を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

第二章 児童に係る誘引の規制

第5条

何人も、株式会社バサラが提供するインターネット異性紹介事業に係わる各種サービスを利用して、次に掲げる行為をしてはならない。

  • (1)児童を性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、他人の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは他人に自己の性器等を触らせることをいう。以下同じ。)の相手方となるように誘引すること。
  • (2)人(児童を除く。)を児童との性交等の相手方となるように誘引すること。
  • (3)対償を供与することを示して、児童を異性交際(性交等を除く。次号において同じ。)の相手方となるように誘引すること。
  • (4)対償を受けることを示して、人を児童との異性交際の相手方となるように誘引すること。

第三章 児童による利用の防止

第6条 (利用の禁止の明示等)

  • 1.株式会社バサラは、その行うインターネット異性紹介事業について広告又は宣伝をするときは、国家公安委員会規則で定めるところにより、予め児童が当該インターネット異性紹介事業を利用してはならない旨を明らかにする。
  • 2.前項に規定するもののほか、株式会社バサラは、国家公安委員会規則で定めるところにより、その行うインターネット異性紹介事業を利用しようとする者に対し、児童がこれを利用してはならない旨を伝達しなければならない。

第7条 (児童でないことの確認)

株式会社バサラは、次に掲げる場合は、国家公安委員会規則で定めるところにより、予め、これらの異性交際希望者が児童でないことを確認しなければならない。ただし、第2号に掲げる場合にあっては、第1号に規定する異性交際希望者が当該株式会社バサラの行う氏名、年齢その他の本人を特定する事項の確認(国家公安委員会規則で定める方法により行うものに限る。)を受けているときは、この限りでない。

  • (1)異性交際希望者の求めに応じ、その異性交際に関する情報をインターネットを利用して公衆が閲覧することができる状態に置いて、これに伝達するとき。
  • (2)他の異性交際希望者の求めに応じ、前号に規定する異性交際希望者からの異性交際に関する情報をインターネットを利用して公衆が閲覧することができる状態に置いて、当該他の異性交際希望者に伝達するとき。
  • (3)前2号の規定によりその異性交際に関する情報の伝達を受けた他の異性交際希望者が、電子メールその他の電気通信を利用して、当該情報に係る第1号に規定する異性交際希望者と連絡することができるようにするとき。
  • (4)第1号に規定する異性交際希望者が、電子メールその他の電気通信を利用して、第1号又は第2号の規定によりその異性交際に関する情報の伝達を受けた他の異性交際希望者と連絡することができるようにするとき。

第8条 (児童の健全な育成に障害を及ぼす行為の防止措置)

株式会社バサラは、その行うインターネット異性紹介事業を利用して行われる第5条各号に掲げる行為その他の児童の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するための措置を講ずるよう努めなければならない。

  • (1)当該事項を既存規約に挿入する
  • (2)新規加入のときは、その利用者が18歳未満か否かを予め確認する
    • ・18歳未満の場合は別途、当法律に関する詳細を明示する
    • ・18歳以上の場合は当法律の目的を別途リンクにて伝達する
  • (3)過去及び将来の利用者に対し、随時サイト上にその旨明示する
  • (4)株式会社バサラのサポートガイドラインに当該事項に関するカテゴリを追加し事後及び事前障害行為の防止に努める